鍵交換で安心安全を手に入れる

鍵交換で安心安全を手に入れる

鍵が老朽化したり、ピッキングなどの不安がある場合は鍵交換が必要です。鍵交換をする場所は自宅だけとは限りません。事務所や店舗は以前入居していた人がスペアキーを持っていることがありますので、安全を期すためにも鍵交換が必要です。また、個人情報の漏えいが問題になる中、金庫の鍵交換をして開けることができる人物を限定してくことも大切です。それでは、鍵交換を依頼した際の流れを挙げていきます。まずは問い合わせです。鍵交換は緊急を要する場合が多いので、24時間対応をしている会社が多いです。インターネットや電話などで連絡をします。次に調査訪問です。鍵を設置する位置や鍵交換で採用する新たな鍵の種類を見極めるために現場でチェックをしてもらいます。そして見積もりを出してもらいます。書類の内容に納得がいけば、いよいよ鍵交換となります。スペアキーは何本あるのか、開錠がうまくいかない場合はどうするのかなど保証についてもしっかりと確認しておく必要があります。作業終了後には鍵を受け取り、料金を支払うことで鍵交換が終了します。それでは、現在どのような鍵があるのでしょうか。特に多いのがピッキング対策の鍵です。ロータリーシリンダーという、かつて一般的だったディスクシリンダーよりも丈夫なものです。鍵は通常の形をしています。次にディンプルシリンダーの鍵です。簡単にスペアキーが作れない鍵です。専門の会社にキー作成を依頼しなくてはなりませんので、記録が残りいざという時に対策しやすくなります。また、アンチピッキングピンといって、ピッキングがしにくい作りになっている鍵ものもあります。短時間で開錠できないと通報されやすくなるので、防犯対策になります。安心安全なものはカード式の鍵です。この形式に鍵交換をすると錠穴がありませんので、カードを持っている人間しか入れません。オフィスなどで多く採用されている形式です。指紋認証などの高度な鍵も普及し始めています。

コメントは受け付けていません。