最新鍵交換事情について

最新鍵交換事情について

最近では聞きなれた言葉である「ピッキング」一時期では海外の窃盗団が多発して鍵の重要性と性能が注目されました。要するに、鍵をこじ開ける時間をいかに長くするかが、鍵の重要な役割です。犯罪を減少させるべく、鍵の技術は飛躍的に進歩しました。 鍵の形状はギザギザしているものが主流です。ですが、その鍵ではあっというまにピッキングされてしまいます。そこで最近新築マンションや戸建、鍵交換用に採用されているのが、鍵の表面にボコボコ穴が開いている「ディンプルキー」。その形状はメーカーが独自で加工しており、町でよく見かける、鍵屋さんでは複製できません。その形状だど破るのに何万通りのあるので、その錠を見るだけで犯人に抑止効果にも効果があります。ディンプルキーを扱っている日本メーカーは美和ロック、日本カバなどがあります。 鍵交換だけでなく、鍵を一つだけでなく二つつけることも抑止効果になります。「ワンドア・ツーロック」という言葉もいまや普通に使用されます。ドアに二つ鍵があれば、ピッキングするのに2倍時間かかるのは犯人も嫌がります。 鍵交換して、技術が進歩しても犯罪者もその上をいこうと努力します。そこで鍵交換と一緒におすすめするのが「ガードプレート」。形状も長さも様々ですが、要するに「鍵がかっかているかどうか見えないカバー」のことです。数千円のちょっとした商品が、「防犯意識が高い家ですよ」というアピールにもなります。 玄関ドアの鍵交換しただけで犯人お侵入経路をふさいだことにはなりません。窓を侵入経路をする犯罪も多発しています。ガラスを破ってサッシの鍵を開け、空き巣に入るのです。そこで「防犯ガラス」も多く使われています。防犯ガラスとは、二枚のガラスの間にフィルムをはさみ、割りにくくする効果があります。ガラスに防犯ガラスをはり、サッシの鍵交換も行えば、かなり安全性が高くなります。 一口に鍵交換といっても、簡単に交換できないケースがあります。鍵交換にもドアメーカーによって合わなかったり、鍵交換用の後継機種がなかったり、メーカー自体か倒産してしまっている場合もあります。また、そういった場合、一から政策したり、取り寄せるのに一か月以上納期がかかる場合もあります。万が一の事態が起こる前に、鍵交換をするべきです。手遅れになります。

コメントは受け付けていません。