2013 5月

5月, 2013

鍵交換をするということ

普段普通に生活している際に、鍵交換をしなければならないという状況は身近には感じられないことかと思います。ですが、家に住んで生活していく以上、鍵交換が必要になる場合というのは、いつでも誰にでもありうることです。例えば、どういった機会に鍵交換の必要性が出てくるかと考えた時、空き巣などの犯罪に遭ってしまった場合というのが挙げられます。こういった犯罪にいつ巻き込まれるかは誰にもわかりませんし、また誰にでもあり得ることです。窓などの鍵を壊されずに、明らかに玄関からの出入りがあったと考えられるときには、絶対に鍵交換を行わなければ今後もずっと犯罪におびえて暮さねばならなくなります。玄関から出入りされている場合、ピッキングという手法を使っての侵入や合鍵を使って、バールなどの工具を使って鍵を無理やり壊すなどの侵入が考えられます。そういったケースに備えて、鍵交換を行う業者などではピッキングが困難な鍵を準備してくれていますし、補助鍵などを取り付けてくれる場合もあります。窓からの侵入を防ぐ場合には、ダイアル式の鍵などを用意してくれています。インターネットで鍵交換を調べると、専門業者のサイトにすぐに行きつくことができます。全国展開をしている業者もあり、気になる費用なども一覧ですぐに調べることができます。また心配な防犯面でも、アドバイスとして侵入手口のいろんなケースや、対応する鍵などを紹介してくれているので、大変参考になります。また、こういった鍵交換専門業者のサイトでは、同時に防犯用品も紹介・販売してくれている場合があります。もし犯罪に遭ってしまった場合、鍵交換だけでは不安に思う人もたくさんいることでしょう。そういった人には、鍵交換を行うのと同時に、一緒に販売されている防犯用品を利用することで、更なる安心を得ることができます。鍵交換という言葉は普段はあまり意識されにくい言葉ですが、ふとインターネットで調べるだけでも、個々の防犯意識を高めることにつながります。

賃貸住宅における鍵交換事情

賃貸住宅では、そこに住む人間が契約期間ごとに変わるケースも珍しくありません。その為同じ部屋をたくさんの人間が利用したことがある状況が作られており、ここに少々不安要素が発生することも多いです。賃貸住宅を契約して入居する際には、不動産屋から部屋の鍵を受け取るのが一般的です。空室期間中に不動産屋が鍵の管理をしっかり行っているのは当然のことですが、以前の入居者が使用していた鍵に関してはどの程度の管理がされていたかが定かではありません。合い鍵も全て返却されていればまだ安心ですが、それを確かめる術も持ち得ません。こうした鍵に関する不安を解消する為に、賃貸住宅の場合は入居者が変わるたびに鍵交換を行う不動産屋も多いです。やはり部屋の鍵は防犯の面からも厳重な管理が必要なもので、何本の合い鍵が作られ、それらがどこにあるのかを把握できない状態では安心して新しい入居者に貸し出すことが出来ないという事情もあります。しかしきちんと鍵交換を行わない不動産屋もいるので、賃貸住宅に引っ越す際には鍵交換の有無を確認するようにしましょう。不動産屋における鍵交換にもいろいろな方法があり、毎回真新しい鍵に交換する方法もあれば、以前他の部屋で交換した鍵を使い回している場合もあると言います。複数の部屋の鍵を長いスパンで使い回す分には、以前の鍵で同室に侵入できる可能性はかなり減るでしょう。とはいえこうした鍵交換方法では不安が残るので、やはり完全に新しい鍵に交換してもらった方が安心です。また、鍵交換を行っていると説明しておきながら実際にはきちんと鍵交換を行っていない不動産屋も残念ながら存在します。説明通りに鍵交換を行っているか否かは、入居者から明確に確認することが出来ません。受け取った鍵が少々古びていても、不動産屋で所持していた未使用の在庫品に交換した可能性も否定できません。しかし実際に鍵交換を行ったかどうかで不動産屋に対して猜疑心を持たなくてはならない環境では、決して安心して生活することはできないでしょう。それを避けるには、賃貸契約の前にしっかりと不動産屋に鍵交換に関して念を押して確認しておくことが重要です。

セキュリティのために鍵交換

鍵と聞けば、玄関についているものや、金庫などにも使用されるいわば、自分の大切なものを守る為の防犯の手法の一つです。最近は自宅でもマンションにオートロック機能があったり、玄関の扉に指紋認証システムやカードで判別するのまであります。では日本で鍵が普及し始めたのはいつごろなのでしょうか。鍵のようなものが日本につたわったのは650年ごろで、唐から伝わったといわれています。ですがそこから時代は流れて江戸時代になっても、一般人にはまだ普及されておらず、鍵をつけていたのは、蔵の扉や城門などにしか使用されていませんでした。ですがやがて戦乱の世も終わり、明治時代に入り明治維新の改革により廃刀令がだされ日本人が刀を持たなくなりました。それまでは刀などの武器を作っていた人々は仕事がなくなってしまい、それを回避するために手の込んだ錠前を作るようになり、そこから鍵が普及されていきました。今はどこの家にも鍵がついています。現代に住む私たちのとって鍵のない家に住むというのは考えにくいものです。引越しの際にも鍵交換は必須で鍵交換代として代金もとられる所があるくらい、鍵は私たちの生活において重要な役割を果たしてくれています。また鍵交換などが機械の発達により簡単になり、以前のように職人が鍵を作る時代ではないのでだれでも鍵交換ができるようになりました。実際に鍵を紛失した際に近くのホームセンターなどではすぐに鍵交換や鍵を作ってくれたりします。また情報社会の今では鍵交換に必要な道具や技術を調べることも簡単になり、そして手に入りやすくなりました。これでは鍵の意味がなくなります。もしストーカー被害にあっている方が、自宅に戻ると犯人にかってに鍵交換していたりすると自分の安全も確保できなくなります。そんなことにならないように、今は鍵交換が困難なカード鍵にしたり、指紋認証にするなどの対策があります。ですがこれも実際にカード鍵を紛失した場合などに鍵交換が近くで簡単にできなくなるので、不便に感じることもあるかもしれません。完璧な防犯というものはないので、こまめに鍵交換をすることも一つの防犯の手法になるのではないのでしょうか。

鍵交換したいと思う時期

住居を賃貸で借りる場合、契約締結の時期に鍵交換をしたいと思うだろう。前の借り主がまだ鍵を所有しているかもしれない、盗難に遭うのも嫌だと思うと鍵交換は手頃な防衛手段だ。それでは実際のところ鍵交換の費用は誰の負担になるのだろうか。大家さんでしょうか、それとも借り主でしょうか。たいていは鍵はかかれば良いので鍵交換の費用は借り主負担となるでしょう。優しい大家さんなら鍵交換の費用を負担してくれるかもしれません。だいたい、シリンダー交換するだけですので1万円もかからないでしょう。管理もこなしておられる大家さんなら予備の鍵ボックスを保管している可能性があります。その場合は鍵交換費用は交換工賃だけで5千円もかからないかもしれません。ほんといよい大家さんなら鍵ボックスの交換はねじの取付、交換だけで鍵交換できますので無料でやってくれるかもしれません。入居者のお客さんを獲得したいと思う大家さんならなおさらでしょう。もし大家さんが鍵交換してくれず盗難の被害にあった場合、だれに補償を請求すれば良いでしょうか。住宅総合補償で保険屋さんに場合によっては補償してくれるかもしれません。保険内容を確認しておいた方が良いかもしれません。では、大家さんに請求できますか。これはなかなか難しいと思われます。鍵が壊れていたわけでもないです。代わりの鍵交換の費用は借り主負担の事を考えると請求できる可能性が増々低くなるようです。ただ、大家さんが前の借り主から鍵を全部返してもらっていないなど故意過失が認定できるなら、請求できる可能性があがるかもしれません。 なにはともあれ、防犯意識をもつなり、しっかりした保険に入っておくのが良いかもしれません。警察に被害届でしたとしても動産の被害の場合は被疑者なかなか捕まらないだろうし。大家さんと訴訟をかまえても、時間と労力とお金は計り知れなくかかるだろうしね。はじめから、地域密着型のマンションに住むのが良いかもしれません。不審者は寄り付かないだろうし。鍵交換より効果的だと思う。なにより、朝一番の挨拶から防犯意識を高めよう。

新居での鍵交換を行う必要性

皆さんも人生の中で一度は経験があると思われます引っ越しですが、私が先日新しく引っ越しをした際に初めてに近い体験をしました。それは、引っ越しする際に新居の契約の時に鍵交換をしますかという風に聞かれたことです。私は、仕事柄1年半から2年くらいの間隔で20代の頃から転勤を繰り返していますので、人生ですでに10回近く住まいを変えていますが、引っ越しの際に不動産屋で鍵交換をするかどうかと聞かれたのは今回が初めてでした。ちなみに私は、多少お金がかかっても毎回の引っ越しの際に鍵交換はお願いしている立場でした。ですから契約の中で話が出て来なければ毎回自分の方から不動産屋に依頼して必ず新品のものに変えることをこれまでの人生の中の引っ越しの際は行ってきました。ですから、私は今回担当してくれた不動産屋は対応が良いのかなと思いその話が出た際に、逆に気を使っていただいてありがとうとお礼を言ったところ、今は普通に鍵交換をする方ばかりなので鍵交換はオプションではなく標準装備で費用に組み込まれていることが多いと話を聞きました。考えてみると時代背景的にも治安の問題などもあり、新居における鍵交換は、私にとっては当たり前ですが世の中も今はそのように変化してきたのだと改めて確認できました。私の場合、とくに鍵交換だけではなく付けられる所であれば、まず鍵交換&鍵をダブルにしてもらいます。そして、窓にも手動でも自動でも構わないので外側に鍵をつけるようにしています。そうすることで部屋が一階でも安心して暮らせるからです。しかし、そもそも私が鍵交換を引っ越しの際にするようになったのは24歳の時に2回目の引っ越した先で、以前住んでいた住人がらみでのトラブルに巻き込まれて勝手に部屋に入られるというようなことがあったからです。それからというもの私自身鍵交換をするには、多少出費はありますが自分自身の身は自分で守らなくてはいけないと考えて必ず鍵交換をするようにしています。それ以来トラブルはなく快適に過ごせています。